yuyo

yuyo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 25日

精神の森

すっかり秋。

火曜日は足助の山の中へ。
講演会では、日本人の思想と、鎮守の森との関係に興味を持つ。
なぜ鎮守の森は常緑樹なのか?
もし、支配者層が違っていたら落葉広葉樹だったかも。
縄文、弥生、アイヌ、謎は深まりますが、また本を読んで調べましょう。
山歩きでは、リスやムササビが食べた後の、まつぼっくり探し。
まるでエビフライのように、きれいな食後でした。

グリーンロードを走って、名古屋へ。
建築家の友人とお茶をする。
ところで、国道19号の自転車道整備が、歩道の街路樹を切っての整備らしい。
何のための自転車利用なのか?
木を減らすのではなく、自動車の車線を減らすべきでは。
また、名古屋駅の高層ビルのバーからの夜景はつまらないとのこと。
なぜなら、海も山も見えず、ただただ延々と低層住宅が並ぶだけで、
空間のダイナミズムを感じられないから。
場の意味もなく、思想もなく、お金がある。

帰り道、
豊橋アートイベント用の景品にするため、ネオボール5を100個ほど手配する。
ついでに、資料用の体現集団アエッタのビデオを探し出す。
パフォーマンスと思っていた彼等の行為は、演劇だったと最近気付く。
裸で鉄球を運ぶ姿は、意味のないことだが精神には美しい行為だった。


水曜日、本のまとめに追われる。一度読んだ本だが、
また見入ってしまう。幕末はおもしろい。
豊橋行きのメンバー調整がうまくつかず、時間が過ぎていく。

水上ビルで、最近商店街が購入した空き店舗の見学。
思ったよりもすばらしい。
seboneでの作品の展示はもちろん、
今後の利用について、こころ躍る。
[PR]

by yuyo | 2008-09-25 02:07


<< 弁当持参で合戦の見学      大和魂/やまと心 >>